ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
実年齢、見かけの年齢、精神年齢
朝の天気 晴れ
連続ランニング391日目 瑞穂公園─檀溪通4コース 43分走
今日の一句: 緑さす川面に朝の匂ひ満つ <堀兵衛>
BGM: EPO「いとしのエリー」

 けさはきのうの朝とうってかわって快晴。さわやかな日曜日の朝
だった。

 6時すぎ、ランニング開始。瑞穂公園から山崎川沿いを北へ行く。
川面に緑がうつり、なんとなく興趣を感じながら走った。

 さて、以前日記に書いたことがあるが、実年齢、見かけの年齢、
精神年齢について、また書いてみたくなった。

 ぼくの実年齢は55歳。これは動かしようがない。

 ぼくは「50歳以上」というのがずっと気に入らなかった。とい
うのも、「50歳以上はシニアマーケットの対象となる」という話
を、ある起業セミナーで聞いたことがあるからだ。

 シニアにはなりたくない、いつまでも若くありたいと思っていた
ので、「50歳以上はシニアマーケットの対象」という話を聞いた
ときは、かなりショックだった。

 とはいいつつも、

 実年齢は変えようがないし、それに合わせて自分の生活を組み立
てるしかない。

 というわけで、最近は「50歳以上」を素直に受け入れようと思
うようになった。

 次に、見かけの年齢。

 少し前は、見かけの年齢30代を望んだこともあるが、55歳と
もなると、そうは問屋が卸さない。

 いまは、見かけの年齢40代前半を目標にしている。

 見かけの年齢は、体力や健康の度合いとも関係してくる。いくら
早朝ランニングをやっているとはいえ、ぼくと、現役の40代前半
の人たちとの体力差は明らか。とくに瞬発力や集中力でかなわない
と思うことがしばしばある。

 体力ではかなわないけれど、健康の度合いで何とか太刀打ちでき
ないかと思っている。そのためにも、早朝ランニングだけでなく、
余裕ができたら何かスポーツに取り組みたい。

 そして精神年齢。精神年齢はいろいろ見方があるようだ。

 自分の未熟さ、あるいは母に苦労をかけていることを考慮すると、
精神年齢は30歳くらいというところ。

 高野悦子さんの『二十歳の原点』ではないが、二十歳前後なら、
自分の未熟さを原点にすえることもできよう。

 しかし、ぼくらの年代になると未熟さは通用しない。すべてに、
相応の思慮分別が求められる。

 そのあたりが、世渡りのむずかしさかもしれない。

 ぼくは、団塊の最後の世代に属するけれど、団塊の世代といえば
いまや定年と第二の人生の話題が中心。

 ぼくの場合、定年でも第二の人生でもない。
 ゼロベースの人生再構築をどこまでやれるかが課題。

 世間の尺度(常識)とぼくの尺度(常識)は、違う方向を向いて
いるけれど、そのあたりは気にせずに生きていこう。

 こころとからだは紙一重なので、早朝ランニングをつづけ、健康
管理に気をつけて、21世紀を生き抜きたいと思う。

 ♯  ♪  ♭

 先日ラジオからEPOが歌う「いとしのエリー」が流れてきた。

 サザンオールスターズの「いとしのエリー」は何度も聞いたけれ
ど、EPOの歌で「いとしのエリー」を聞くのははじめて。

 おだやかな歌い声で、聞いていて、気持ちよかった。

 EPOは今年デビュー25周年とのこと。

 EPOがデビューした25年前といえば、ぼくは横浜の戸塚にあ
る公団団地の空室が抽選で当たり、東京から引っ越した頃。10回
近く応募してようやく当たり、うれしかったのを覚えている。

 当時ぼくが住んでいた団地(1DK)は、一般のアパートと比べ
格安で、ありがたかった。

 それから8年ほどこの団地に住み、横浜市民として暮らした。

関連リンク

EPOオフィシャルホームページ eponica.net
若さと年齢(2004/08/02付日記)
<「独りであること」、「未熟であること」、これが私の二十歳の原点である。>(2004/12/22付日記)
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インフルエンザと花粉症 (雨朝西走)
朝の天気: 小雨 連続ランニング333日目
今日の一句: 春の雨あがりて星々目にしみる <堀兵衛>
BGM: 松田聖子「ガラスの林檎」
ランニングコース: 旗屋町─熱田神宮─神宮南ガード─新開橋経由
(35分走)

 けさは少し雨が降っていた。6時すぎランニング開始。

 いつもながら準備運動不足。走り始めて、途中で、適宜体操して
いる。

 熱田神宮へ着くと、境内は参拝の人たちがぱらぱらと歩いていた。
二の鳥居あたりの参道中央に、にわとりが数羽陣取っていた。優雅
に散歩しているようだった。

 にわとりの優雅さに比べると、このぼくはとても優雅とはいえな
い。でも、気にしないでいこう。

 熱田さんにお参りをすませて、神宮南ガードへ。

 新開橋経由で帰途についた。

 朝食後、母とかかりつけの医者に行った。

 どうやら母はインフルエンザらしい。いまのインフルエンザは高
熱がつづくとのこと。

 夜になって、母の熱が少し下がりはじめてほっとした。

 ぼくはといえば、今年はいまのところ、花粉症の症状が去年ほど
ひどくない感じがする。

 完全に花粉症が治ったわけではないが。例年に比べ、症状が軽い。

 どうしてなのかよくわからないが、早朝ランニングのおかげで、
基礎体力がつき、少しは体質が改善されたかもしれない。

 そういうことにしておこう。早朝ランニングの贈り物ということ
にしよう。

 ただし、予断は許さない。

 まだ花粉症シーズンは始まったばかり。

 五月の連休明けまで、気を抜かないように、花粉症と向き合いな
がら暮らしていこうと思う。

 ♯  ♪  ♭

 松田聖子さんの「ガラスの林檎」は1983年のヒット曲。

 当時は、ガラスの林檎が、こわれやすいものの象徴のように取り
上げられたような気がする。

 一方、1983年にはTBSドラマ「ふぞろいの林檎たち」があった。

 「ふぞろいの林檎たち」はシリーズ化して、最初の出演者仲間が
同窓会のような感じで集まり、それが繰り返しドラマになっていっ
た。

 松田聖子さんの「ガラスの林檎」の歌ははっきり覚えているけれ
ど、ドラマ「ふぞろいの林檎たち」は、ぼくはきちんと見た記憶が
ない。ちらちらと見たくらいだ。

 ぼくは当時東京の会社に勤めていたが、自分自身ふぞろいの林檎
のような感じで生きていて、ドラマを見ている余裕がなかったのか
もしれない。

 この「林檎」のイメージが心に残っていたので、ぼくの詩「不眠
都市」のなかで「あどけない林檎たち」という表現を使ったことが
ある。

関連リンク

松田聖子オフィシャルウェブサイト
詩「不眠都市」
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
母が体調をくずす (晴朝東走)
朝の天気: 晴れ 連続ランニング332日目
今日の一句: 春雨や曇りがちなる母の顔 <堀兵衛>
BGM: サザンオールスターズ「いとしのエリー」
ランニングコース: 瑞穂公園─山崎川─石川大橋─瑞穂区役所経由
(35分走)

 けさは6時ランニング開始。瑞穂公園コースを走った。

 瑞穂公園に着いたら、瑞穂陸上競技場の前に東海テレビの中継車
が数台とまっていた。

 今度の日曜日(3月13日)の名古屋国際女子マラソンは、ここか
らスタートするので、その準備のようだ。

 ぼくもフルマラソンを目標に、もっと練習しなくてはいけないと
思った。

 瑞穂公園を横切って、山崎川方面へ。

 きょうは石川大橋を回って、早めに引き返した。

 けさは母が体調を崩し寝込んだので、てんやわんやだった。少し
熱が出たみたいだ。

 ぼくは名古屋にUターンして、もうじき16年になる。

 東京方面に住んでいたころは、一人暮らしだったこともあり、自
分でそれなりになんでもこなした。

 名古屋に戻ってから、ずっと母の世話になりっぱなしだ。

 このままではいけないと思いながら、ずるずると来てしまった。

 しかしもはやそういう時代ではないようだ。

 ぐずぐずせずに、明日へ向かって走り出さなくてはいけない。
 
 そう思った一日だった。

 早く母の体調がよくなるように.....

 ♯  ♪  ♭

 サザンオールスターズの「いとしのエリー」(1979年リリース)
が大ヒットしたのは、ぼくの二十代の終わりころ。

 思い出深い曲だ。

 当時ぼくは東京・神保町の出版社に勤めていた。いま振り返ると、
自分自身何をめざしているのかはっきりしなかった。

 いまも大してかわりはないが、前へ進もう、未来をめざそうとい
う気持ちは、当時よりも、ずっと強くなってきた。

 それだけ、自分の気持ちが定まってきたのだと思う。

 この調子でまた明日走り続けようと思う。
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日の出前の朝日を浴びるとからだにいい (晴朝東走)
朝の天気: 晴れ 連続ランニング324日目
今日の一句: 早春の朝日を浴びる心地よさ <堀兵衛>
BGM: モンキーズ「デイドリーム・ビリーバー」
ランニングコース: 瑞穂公園─山崎川─石川橋─市大病院前経由
(40分走)

 けさは6時過ぎランニング開始。瑞穂公園コースを走った。

 山崎川沿道の桜は、わずかながら芽がふくらみはじめた。

 萩山橋周辺では、朝のラジオ体操たけなわだった。

 何事もつつがなく、こうして一日が始まるのだろう。

 最近走るペースが少し上がってきた。

 といっても、昨年秋に10キロ走ったときの頃のペースと大して
変わらない。

 もっと走りを工夫しないといけない。

 ところで、きのうの夕方NHKラジオ「いきいきホットライン」
を聞いていたら、暮らしの中の自然のリズムの話があった。

 そのなかで田村康二先生が、

   日の出前の朝日を浴びるとからだにいい

 さらに夕方は、

   日の入り後の夕日を浴びるとからだにいい

 というお話をしていた。

 理由ははっきり覚えていないが、おそらく、日の出前と日の入り
後の日差しは、直接ふりそそがずに反射光となるから、直接光と光
の性質が異なるのであろう。

 ちなみに今日の日の出は6時21分、日の入りは17時49分。

 けさを振り返ると、日の出前に外に飛び出して走り始めたので、
いくらかでも日の出前の朝日を浴びたことになる。

 これからどんどん日の出が早くなるので、朝のんびりとしてはい
られない。

 もっとはやく起床して、ランニングを始めること。

 それが課題だ。
 
 ♯  ♪  ♭

 モンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」は、気持ちのいい歌
だ。

 デイドリーム・ビリーバー Daydream Believer というのを直訳
すれば、白昼夢(空想)を信じる人、というところか。

 英語の歌詞は、意味深長というか、なかなかむずかしい。

 むずかしいけれど、歌のリズムは気分がいい。

 気分がいいから、歌詞の内容にかかわらず、聞いたり、歌ったり
したくなるのかもしれない。
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花粉症シーズン早くも到来 (晴朝南走)
朝の天気: 晴れ 連続ランニング282日目
今日の一句: 寒暁を走り抜けたりラグビー場 <堀兵衛>
BGM: ウルフルズ「明日があるさ」
ランニングコース: 堀田─新瑞橋─ラグビー場─山崎川─石川大橋
経由(40分)

 けさは6時過ぎにランニング開始。少し冷えた感じの朝の街だっ
た。

 久しぶりに堀田〜新瑞橋交差点でタイムを測定した。

 残念ながら7分弱(約1.3km)で、去年の秋シティーマラソンを
走ったころに比べると、少し遅くなってしまった。

 ちょっとがっくりきたけれど、明日があるさということで、徐々
に挽回しよう。

 ラグビー場、陸上競技場の周辺は、静寂そのもの。さびしいけれ
ど、気分はすっきり。

 ラジオ体操をしている人たちを傍目に見ながら、山崎川沿道を駆
け抜け、石川大橋を回って帰途に着く。

 新聞を見ていたら、花粉症の話がのっていた。

 昨年秋ごろから言われているように、今年は花粉大発生の予想。

 この1月に入って、花粉症の症状を訴える人がふえてきたらしい。

 毎年花粉症に悩んでいる人たちの半数近くが、すでに何やかやと
花粉症の症状が出ているとのこと。

 ぼくは、最近鼻がスースーするようになったが、まだ鼻水が止ま
らないようなひどい状態ではない。

 早朝ランニングで体力づくりをしているから、少しは花粉症対策
になるのではと思ったりするが、

 たぶん、そうは問屋がおろさない予感がする。

 毎年5月初めくらいまで花粉症に悩まされるので、

 ぼちぼち準備をしなくてはいけない。

 いずれにせよ、花粉症とテキトウに付き合って、

 花粉症のシーズンを乗り切りたいと思う。

 ♯  ♪  ♭

 「明日があるさ」は坂本九さんが昔歌っていた。

 ウルフルズの歌う「明日があるさ」も、なかなかいい感じがする。

 明日そして未来は自分で切り開くものと、粋がるのもいいが、

 ときには、「明日があるさ」と、気楽に行きたいものだ。

関連リンク

ULFULS*COM
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
折れた歯と顎関節症のこと (晴朝西走)
朝の天気: 晴れ 連続ランニング275日目
今日の一句: 木枯を感じて姿勢立て直す <堀兵衛>
BGM: 堺正章「北風小僧の寒太郎」
ランニングコース: 旗屋町─熱田神宮─新開橋─田光町経由(35分走)

 けさは熱田さんコースをランニング。

 いまごろになると、熱田神宮も正月の雰囲気はもう見当たらない。
参拝客がときおり訪れる、たんたんとした早朝の風景に出合う。

 ぼくもその参拝客の一人。例のごとくお参りして、引き返す。

 さて昼食をとっていたら、前歯が一本折れて、びっくりした。

 折れた歯を見つけ、すぐに歯医者へ行き、応急処置してもらった。

 20年近く前、東京の半蔵門近くの会社で働いていたころ、歯の
噛み合わせがわるく、いまでいう顎関節症のような症状になりかけ
たことがある。

 それで、近くの歯医者で、前歯を何本か処置してもらったことが
ある。歯列矯正でなく、差し歯を使うものだった。

 いま振り返ると大変な手術だった。歯を途中まで切断し、その先
に、調製した人工歯を継ぎ足すというものだ。

 お世話になっていた歯医者さんを信頼していたので、されるがま
まに処置してもらった。

 当時顎関節症のことは知らなかった。しばらくあとで、あれがた
ぶん顎関節症の始まりかもしれない、と気づいた。

 以来、顎関節症のことは、何かと気になっている。

 きょう折れたのは差し歯のうちの一本。歯の根元は大丈夫そうな
ので、新たに継ぎ足せばなんとかなりそう。

 それはともかく、スポーツをやっていると、歯に強い力が入るの
で、噛み合わせに注意し、噛み合わせをよくした方がいいとよく言
われる。

 スポーツ選手と顎関節症の関係もしばしば話題に上る。

 歯の噛み合わせの良し悪しと、顎関節症と、どのていど関係があ
るか、素人のぼくにはわからない。

 とはいえ、歯の噛み合わせが悪ければ、なるべく早目に、歯医者
に相談して、必要ならば直してもらった方がいいようだ。

 ぼくのように、30代半ばで歯の噛み合わせの治療をするとなる
と、結構大変なので。

 久しぶりに歯のことを考えた一日だった。

 ♯  ♪  ♭

 堺正章さんが歌う「北風小僧の寒太郎」は、NHKみんなのうた
から流行した。

 毎年この時期になるとラジオなどでよく耳にするが、この曲を聴
くと、なんとなく木枯らしが浮かんでくる。

関連リンク

顎関節症については、たとえば、Yahoo! JAPAN カテゴリー:
健康と医学 > 病気、症状 > 顎関節症
を参照ください。
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
早朝ランニングで健康管理 晴朝南走
朝の天気: 快晴 連続ランニング257日目
今日の一句: 空と川と夜明け混じりて寒き朝 <堀兵衛>
BGM: 平原綾香「Jupiter」
ランニングコース: 旗屋町─白鳥橋─七里の渡し─内田橋─堀田
─田光町経由(40分走)

 けさは6時前に起床。日の出まで一時間ほどあるけれど、空が快
晴のときは、町が明るくなるのがかなり早いです。

 6時ごろ、真っ暗。

 6時10分ごろにランニング開始。まだ真っ暗。星がきれいに輝
いている。

 6時15分ごろ、東(東南東)の空がほんの少し明らんでくる。
空は群青色。

 6時30分近く、堀川の七里の渡しに着くと、東の空がずっと明
るくなる。川面がうっすらと明らんで、周囲をざっと見渡せる。空
はだんだん明るい紺色に変わる。

 七里の渡しを後に、新堀川をさかのぼる。

 6時40分ごろ、堀田のあたり、空はぐっと明るくなる。日の出
は近い。

 6時50分ごろ家に戻ると、町はもう普通に明るい。

 6時59分、日の出 (名古屋の場合)。

 こうして、いつものように朝が始まりました。

 *  *  *

 楽天日記のテーマをさがしていたら、 『健康的にダイエット
を!』というのがありました。

 ぼくの早朝ランニングも、もとはといえば、健康管理がはじまり
なので、『健康的にダイエットを!』というテーマといくらか関係
あります。

 それで、このテーマを選びました。

 早朝ランニングを始めたことで、健康に対する考え方が変わった
ことはたしか。

 健康なんて、なかなか自分でどうにかなるものではない、と思っ
ていたのですが、

 早朝ランニングを始めて、そして1年半以上続けてきて、

 健康は、自分の力でどうにでもなる、と思えるようになりました。

 自分にふさわしい健康法を見つけたら、あとはそれを継続するか
どうか、ということ。

 継続しなければ、積み重ねなければ、それでおしまい。一巻の終
わり。万事休す。

 きのうの日記でふれた、イチロー選手の言葉=野球道に限らず、
どんなことにも当てはまるようです。

 今年もまもなく終わりますが、どうにか早朝ランニングを続けら
れたので、ほっとしていています。

 早朝ランニングで蓄えた力を、来年は、自分の生活構築に役立て
なくてはと思います。


     振り返れば

   振り返れば
   ぼくの後ろに道がある
   いつか歩いた道
   いつか走った道
   そして
   ぼくの前に道がある
   けわしい道
   なだらかな道
   どの道を選ぼうと
   ぼくの道に変わりない
   いばらず
   くさらず
   へこたれず
   ひたすら前へ進むだけ
   そこに何があるか
   自分の目で確かめよう
   ペースが乱れても
   気にせずに
   せっせと前へ歩くだけ
   そこに何かあるはず
   待っているはず
   その何かをさがし求めて
   ぼくは走り続けるだろう


 まだ推敲の余地がありそうですが、いまのぼくは「走り続ける」
ことからなかなか抜け切れません。

 走る詩人の、走り続ける詩(推敲の余地あり)、ということにし
ておきましょう。

 ♯  ♪  ♭

 「Jupiter」は平原綾香さんのデビューシングル・ヒット曲。

 平原綾香さんは深みのある発声ですが、歌を聞いていると、歌詞
と共に、息継ぎの音が聞こえてきます。

 さいきんは、息継ぎそのものを聞かせる歌い方もあるようなので、
あまり気にしなくてもいいかもしれませんが…。

 なお平原綾香さんは紅白歌合戦に初出場が決まり、この曲を歌う
予定です。

関連リンク

簡単ダイエット方法ランニング・スイミング
平原綾香さんオフィシャルサイト
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ