ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 冷蔵庫に感謝 | main | 一つでも多くのいのちが助かりますように >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
詩「シマウマの夢」。シマウマ書房でのトークイベント。
 けさは6時過ぎランニング開始。瑞穂公園から田辺通、坂を上っ
て東山荘入口、坂を下って向田橋、瑞穂区役所経由で、40分弱の
ランニング。

 空模様はあやしかったが、どうやら雨は降らずにすんだ。

 毎年参加申込みをしている名古屋シティマラソン(11月23日
開催)は、9月3日(たった3日)で全種目の参加受付が終了し、
今年の参加はあきらめた。

 ちょっとさびしいけれど仕様がない。ほかのレースをさがして走
るよりほかにない。

 ところで先週土曜日(9月11日)に、久しぶりに名古屋を訪れ
た友人について、地下鉄・本山駅近くの古書店 シマウマ書房へ出
かけ、トークイベントに参加した。

 詩人 八木幹夫さんを講師に迎えた、「詩人・辻征夫さんの思い
出」と題されたトークショーだった。

 辻征夫さんは十年前に亡くなられたとのこと。ぼくはあまり知ら
なかったが、八木幹夫さんの味わい深い語りと詩の朗読を通じて、
辻征夫さんのことはもとより、詩の鑑賞や詩の作法など参考になる
ことを多く学ぶことができた。また詩を書くヒントも得られたよう
な気がした。

 このまえ詩の朗読会(ぐるぐる詩の輪)に参加したのが2007
年4月。それ以来詩の集まりには一度も参加していないので、久し
ぶりに陽の当たるところへ出たような気分だった。

 その余韻が残っていたのか、きのう夕食のあと「シマウマ」がな
んとなく頭にひらめいた。詩が書けそうな気がして詩を書き始め、
一日足らずで書き上げた。

 できたての詩「シマウマの夢」を書きおく。

   *   *   *

   シマウマの夢
                堀場康一


気象台もあきれるほど残暑のつづく九月の土曜日
本山の古書店 シマウマ書房に友と出かけた
シマウマ書房にシマウマはいなかったが
Y先生を慕う人々がいずこからともなく集い
地上から日の差し込む半地下の
あまたの古書本棚に囲まれた一室で
シマウマのように首を長くして
Y先生の文学トークに聞き入った
いまは亡き詩人T氏への共感と愛惜に満ちたお話は
フルコースのように味わい深いものだった

黒と緑と灰色の横縞のTシャツを着たぼくは
はじめて聞く話ばかりだったが
いつしかシマウマ気分にひたり
シマウマの鳴き方はどんなだろうとか
シマウマの好物や趣味はなんだろうとか
シマウマの出身はどこだろうとか
トリビアな質問が脳裡を行き来した
ぼくは動物園でしかシマウマを見たことがないが
シマウマはいったいどこに住んでいるのだろう
ぼくら人間も動物の仲間だから
案外身近なところにシマウマはひそんでいるかもしれない
こんど町角でシマウマに出合ったら
シマウマの鳴き声や好物や趣味や出身地や
いろんなことをたずねてみよう
シマウマくん そのときはよろしく

そんな夢想にあけくれるうちに
Y先生のトークショーはエピローグを迎えたが
ぼくの心はちぐはぐなままだった
このつぎY先生にお目にかかることがあれば
シマウマに気を取られぬよう用心しなくてはなりませぬ
シマウマくん そのときはまたよろしく


〔備考〕
 詩人 八木幹夫さんを講師に迎え、「詩人・辻征夫さんの思い
出」と題したトークイベントが、2010年9月11日(土)に
名古屋・本山駅近くのシマウマ書房で開催されました。

   *   *   *

関連リンク

名古屋シティマラソン
名古屋の古書店 シマウマ書房
| 詩とその周辺 | 13:52 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:52 | - | - | pookmark |
シマウマが、ずかずかと心にのり込んでしまったようですが、なにか語ってくれましたか?でも沈黙していそうですね。控えめな動物ですから。
八木さんの口から語られた辻さんの身近な姿は、初めて知る話が多くて新鮮でした。すこし辻さん像が変化したかもしれません。
ところで、ほりべえさんとはちがい、当方にはまったく詩の気配があらわれません。困ったものです。
| 弥太夫 | 2010/09/16 10:00 PM |

弥太夫さん、こんにちは。
書き込み有難うございます。
シマウマが知らないうちに入り込んできましたが、おっしゃるとおり、どうやら沈黙しているみたいです。
まだ推敲不足ですが、個人的には、久しぶりに詩らしい文章が書けたので、アップしてみました。
この調子で、詩を書くくせ(習慣)をつけたいと思っています。
| ほりべえ | 2010/09/17 4:34 PM |

わざわざ来てくれてありがとうございます。シマウマの詩とっても面白かった。八木幹夫
| 八木幹夫 | 2010/09/22 6:52 PM |

八木幹夫さん、ようこそお越しいただきました。
こちらこそ、先日はいろいろお世話になり、ありがとうございました。
八木さんの味わいのあるトークを拝聴することができ、楽しかったです。久しぶりに詩の集まりに出て、大変刺激を受けました。
シマウマの詩、面白く読んでいただけたようで、とてもうれしく思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
| ほりべえ | 2010/09/23 6:09 PM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/630

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ