ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 詩「かちかち山」 | main | ひらめき それとも おもいつき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『小詩集 五十奏』。還暦を迎えて。
 日付が替わって4月15日。久しぶりに日記を書いている。

 先月(3月)初め、ぼくは60歳を迎えた。

 その前後で、年金保険料のあと5年間継続納付の申請やら、60
歳からの年金請求の申請やら、免許証更新やら、何かと慌しかった。

 ようやく落ち着いてきた。

 ここ数年気がかりというか、心を痛めていることがあるが、少し
方向が見えてきた。

 先のことはわからないが、いまは、成り行き任せというか、成り
行きを見守るのがいちばんいいような気がした。

 日光東照宮の三猿に倣って、見ざる言わざる聞かざるを心がけて、
心の痛むことが風化するのを待つというところかもしれない。

 そして初心にかえり、これまでと同様これからも元気よく生きて
行きたいと思う。

 そして60歳からふたたび人生を始めよう。

 そんな感じで、少し気分が落ち着いたこともあり、五十代に書い
た詩から15編を選び、『小詩集 五十奏』にやっとまとめること
ができた。

 二年前に編んだ『小詩集 スロースタート』と合わせて、五十代
の詩を自分なりに整理して、形にすることができ、一息ついている。

 この調子でこれからも詩を書きつづけ、目標に向かって走りつづ
けよう。

   *   *   *

   夢の向こう
         堀場康一

夢の向こうになにがある?
ぼくはこうしてさがしてきたが
はっきりしないのが世の習い
そうしていつもさがしています
あなたも水平線に目をやって
夢の向こうを追いかけていますか
いつかきっと水平線のかなたで
大切なものに出会うはず
そう心に念じ
澄んだ朝の空気をたくさん吸って
気持ちよく生きて行きたいものだ

   *   *   *
| 詩とその周辺 | 01:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:50 | - | - | pookmark |
管理人のほりべえです。
この記事につき腸吉さんよりコメントをいただきましたが、
記事内容に関する感想でなく、商品の宣伝でしたので、
勝手ながらコメントは削除させていただきました。
どうかご了承ください。
| ほりべえ | 2010/04/15 10:48 PM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/623

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ