ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 詩「明日」 | main | 会議の活性化 −生産的な会議の進め方− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
一歩譲って、百歩下がる。そして再出発。
 きょうは文化の日。朝方冷え込んだものの、空は快晴。気持ちの
よい朝だ。(けさの名古屋の最低気温は6.5度とのこと)

 6時過ぎランニング開始。豊岡通を東へ走り、瑞穂通を北上。桜
山交差点で左折し、帰途に着いた。

 今月23日に名古屋シティマラソンがあるので、ハーフマラソン
の準備をしなくてはいけない。最近走り込みが足りないので、もっ
と長い距離を何回か走って、本番にそなえる必要がある。悔いの残
らないようにすること。

 さて、なにか特別なことがあるわけではないが、久しぶりに日記
を書いている。

 ぼくはこれまで平凡に生きてきた(と思う)し、これからも平凡
に生きていくだろう。

 平凡であることは無視されがちだが、平凡であることは何よりも
生きる原動力になると思う。

 そして再出発の道をさぐる。

 再出発のためには謙虚でなくてはならない。

 主役ではなく脇役をめざすこと。

 というのも、主役よりも脇役のほうが、より試練と忍耐と配慮と
思いやりを要求されるからだ。

 一歩下がって、さらに一歩下がる。

 一歩譲って、さらに一歩譲る。

 それを繰り返すと、

 一歩譲って、百歩下がる。

 ということになる。

 再出発のためには謙虚でなくてはならない。

 主役でなく脇役を、非凡でなく平凡をめざすことだ。

 逆説ではない。

 生きるとはそういうことだ。

 人は生きるように生まれついている。

 生きていることをありのままに受けとめ、生きていく。

 そこから、再出発への道が始まる。

 抽象的な話になったが、そんなことをいま考えている。
| 日常雑記 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/614

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ