ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 生きることは可能性に満ちている。 | main | 一歩譲って、百歩下がる。そして再出発。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
詩「明日」
 きのう(9月20日)の朝は6時過ぎランニング開始。

 日曜の朝は静か。大通りを南下し、呼続大橋で東へ折れ、山崎川
沿いに走る。川沿いの道は気分がおだやかになる。名鉄の踏み切り
を渡り、新瑞橋へ出て、帰途に着いた。

 夕食後、木工用品(というと大袈裟だが)を買いに、堀田のカイ
ンズホームへ出かけた。欲しいものは何とか見つかった。

 帰り道、車が沢山往来する大通りを歩きながら、詩のようなイメ
ージがわいた。

 昨日、今日、明日とくりかえしているうちに、詩「明日」が出来
たので、ここに書きとめておく。

   *   *   *

   明日
         堀場康一

昨日のあなたにさよなら
昨日のぼくにさよなら
今日のあなたにさよなら
今日のぼくにさよなら
ぼくは口をつぐみ
昼夜の眠りをむさぼる
やがて
銀河に横たわるメビウスの帯を一回りしたころ
ぼくは目をさまし地上へ戻る
ホームセンターめざして大通りを歩いていると
交差点でバイクがいきおいよく発進し
ぼくは歩みを止める
天使が羽を休めるように
ヘッドライトの光が夜空に揺れる
ぼくはその行方を追いながら
青春の抽斗にしまい込んだせりふを復唱する
「ぼくらに明日はあるか」
「しかり ぼくらに明日はある」


(備考)
2009.9.22 詩「明日」を一部修正。
 午後NHKテレビ「究極ヒットパラダイス」で、中村あゆみさん
がヒット曲「翼の折れたエンジェル」を心を込めて歌っていた。
 この歌を聞いて、エンジェル(天使)という言葉が心に残り、詩
を推敲し直し、修正した。
2009.9.24 修正追加。
2009.9.26 修正追加。
2009.9.28 修正追加。
2009.11.23 冒頭の行を入れ替えて修正。

   *   *   *
| 詩とその周辺 | 00:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:58 | - | - | pookmark |
もうちょっと頻繁に更新してもらえると嬉しいです。
| cross border | 2009/10/08 9:45 PM |

cross borderさん、おはようございます。

> もうちょっと頻繁に更新してもらえると嬉しいです。

コメントありがとうございます。
たしかに更新が少ないですね。とりとめのない生活を送っているせいか、なかなかブログを書く気になれません。
とはいえ、書く材料はあるので、もう少しブログを書くように努力してみます。
こちら名古屋は台風一過、けさ白鳥公園の方をランニングしてきましたが、気分は爽快でした。
| ほりべえ | 2009/10/09 10:31 AM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/613

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ