ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 詩「レッスン」 | main | ブログからの手紙 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「ありふれた奇跡」で前に進めそうな気がした。
 けさは6時過ぎ、やや遅れてランニング開始。朝方少し冷えたよ
うだ。(けさの名古屋の最低気温2.3度)

 新堀川沿いに北上し、向田橋から鶴舞公園方面へ向かった。

 鶴舞公園へ着いたのは6時40分頃。朝のラジオ体操を終えた人
たちがそろそろ帰りかけていた。

 もう少し早起きしてランニングしないといけないと思いつつ、公
園の噴水塔のあたりで踵を返し、帰り道を急いだ。


 今夜はドラマ「ありふれた奇跡」第10話を見た。

 ドラマに派手さはないけれど、のんびりと見られて、気分はそん
なにわるくない。

 ありふれた出来事が重なると、ありふれた出来事でなくなること
がある。

 それが「奇跡」かもしれない。

 仲間由紀恵さん演じる加奈と加瀬亮さん演じる翔太が、いつもの
ようにもどかしい掛け合いを繰り返す。

 二人の仲をとりもつ藤本誠を、陣内孝則さんが演じている。

 陣内さんの演技はなんとなくユーモアが感じられて、深刻な雰囲
気を和らげている。

 加奈の家族と翔太の家族が入れ替わり立ち替わり登場する。

 それぞれの家族がなかなか他人に言えない事情を抱えているよう
だけれど、

 家族というのはいいものだと思う。

 つぎは最終回。果たして加奈と翔太の二人は結ばれるかどうか。

 また来週も見よう。

 加瀬亮さんを見るのは映画「山のあなた〜徳市の恋〜」以来二度
目。連続ドラマは初出演とのことだが、淡々とした演技にどことな
く惹かれる。

 仲間由紀恵さんはこれまでメリハリの利いた目立つ役柄が多かっ
たので、加奈のような控え目でもどかしい役柄は新たな経験かもし
れない。加奈を演じきることで、彼女の演技の幅が広がるといいな
と思う。

 ドラマ「ありふれた奇跡」を見ながら、ぼくも何となく前へ進め
そうな気がした。

 ぼくの前にも後ろにも道はあるが、

 いつも前をめざし、前へ進みつづけたいと思う。


関連リンク

ドラマ「ありふれた奇跡」(フジテレビ)
映画「山のあなた〜徳市の恋〜」
| 芸能 | 23:55 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
管理人のほりべえです。
この日記につき「仲間由紀恵Search Anything」さんからトラックバックをいただきましたが、トラックバック元の記事を拝見したところ、たんに引用されているのみでした。トラックバックは引用したことを連絡するところではありませんので、勝手ながら当該トラックバックを削除させていただきました。
もし引用したことをご一報いただくのであれば、コメント欄を利用して、その旨ご連絡いただければ幸いです。
なおトラックバックの使用法については、次の説明を参照下さい。

・マニュアル「トラックバックとは」(無料ブログ(BLOG)作成【JUGEM】)
http://jugem.jp/manual/manual.php?mode=tb

どうかよろしくお願いします。
| ほりべえ | 2009/03/14 7:59 PM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/604

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ