ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 映画の日。「私は貝になりたい」を見た。 | main | 道を切り開く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
一年を振り返る
 けさは6時すぎランニング開始。外はまだ暗い。

 豊岡通を東へ走り、瑞穂運動場西交差点へ出た。そこから瑞穂通
を北上し、桜山交差点を西に折れ、高辻経由で帰路に着いた。

 家に戻るころには、町はもう明るくなっていた。

 およそ35分のランニング。調子はそんなにわるくない。

 今年は名古屋シティマラソン(11月24日)でハーフマラソン
を走ったのみ。

 結局フルマラソンは走れなかった。来年に持ち越しとなった。

 フルマラソンは走れなかったけれど、練習方法など少しわかって
きたような気がする。

 フルマラソンを走るための練習方法というのだろうか。

 ハーフマラソンとフルマラソンとでは、練習の仕方を変えないと
いけないみたいだ。

 来年はランニングの練習方法を工夫しよう。

 一年を振り返って、いちばんの心残りは、今年も親孝行ができな
かったこと。

 母にはずいぶん世話をかけ、心配をかけてしまった。

 来年こそ、母を安心させられるように、自分の生活を組み立てな
いといけない。

 今宵はレコード大賞の発表があった。

 明晩は紅白歌合戦。

 歌とともに年が暮れる。

 あと一日で今年も終わり。

 なんとかおだやかな正月を迎えたいものだ。

関連リンク

TBS「第50回 輝く!日本レコード大賞」
NHK紅白歌合戦
| 日常雑記 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
あけましておめでとうございます。
とうとうまた新しい年が始まりましたね。
今年はどのような年になるのでしょうか。
まったく予想がつきませんが、精いっぱい
やっていくしかありませんね。
本年もよろしくお願いいたします。
幸多き年でありますようお祈りいたします。
| 弥太夫 | 2009/01/01 11:33 PM |

弥太夫さん、ようこそ。
あけましておめでとうございます。
書き込みありがとうございます。
きょうの名古屋は空も晴れわたり、すっきりした一日でした。早朝ランニングも気持よかったです(少し冷えましたが)。
この澄んだ空のように、世の中の曇りが晴れて、暮らしやすくなるように願っています。
こちらこそ、本年もよろしくお願いします。
| ほりべえ | 2009/01/02 9:23 PM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/600

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ