ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 「親の心子知らず」と、親(父母)を安心させる生き方 | main | ドラマ「四つの嘘」と好きだということ >>
7月スタートのドラマ
 けさはいつもより早く目が覚めた。

 半袖Tシャツ、ハーフパンツに着替え、5時50分ごろ外へ出て、
ウォーキング開始。朝早いと気分がいい。

 けさは熱田さんへ行った。

 玉砂利の参道を歩きながら、数羽のにわとりに出合った。そのう
ち手水舎付近にいたにわとりが、コケコッコーと二度ほど高らかに
鳴いた。気持よかった。

 参拝客も何人か来ていた。ぼくもお参りして、熱田さんをあとに
した。帰りは神宮前駅を通り抜けた。

 早歩きというか、少し走って、右足の調子を見た。

 ひどい足の痛みはおさまり、かなり回復してきたようだ。

 この調子なら、もう少しで、またランニングを始められそうだ。

 なんとなくほっとして家に戻った。

 7月スタートのドラマといっても、「CHANGE」(フジテレビ)が
7月14日まで続いて、面食らったものだ。

 視聴率獲得のための作戦(策略)もここまで来たか、という感じ
だ。

 「CHANGE」は、最終回の朝倉総理(木村拓哉さん)の22分のテ
レビ中継スピーチをはじめ、なかなかうまくできた政治ドラマだと
思った。いろいろと楽しめた。

 ただし、朝倉総理が気分転換にたばこを吸いたがるのが、ドラマ
を見ていて気分がよくなかった。

 気分転換の方法はほかにいくらでもある。なぜたばこを吸うのか、
理解できなかった。

 何となく、ドラマのなかで、たばこの宣伝をしているように思え
たものだ。

 そんなことから、「CHANGE」は初回から最終回までほぼ全部見た
けれど、この日記ではこれまで触れなかった。

 そういうぼく自身、何となく意地悪というか、ひねくれているか
もしれない。

 もっと素直にならなくてはいけないのかもしれない。

 さて7月スタートのドラマはいくつか見ている。

 「Tomorrow」「モンスターペアレント」「ゴンゾウ」「四つの
嘘」「あんどーなつ」など。

 「Tomorrow」は、菅野美穂さん演じる看護師・愛子が初回はあわ
ただしい感じだったけれど、第2話・3話になって落ち着いてきて、
気楽に見ていられるようになった。

 竹野内豊さん演じる航平の8年前の医療ミスが、航平と愛子の二
人の関係にどんな影響をもたらすか、気がかり。

 「モンスターペアレント」は、米倉涼子さんはじめ、俳優総出演
の感じ。きのう(7月22日)も哀川翔さんが江藤医師役でゲスト
出演していた。

 弁護士・樹季役の米倉涼子さんは、気取らずにドラマにすっと溶
け込んでいるようにみえる。彼女はどんなキャラクターでも自然な
演技ができる不思議な女優だと思う。

 ボスの城山幸太郎(草刈正雄さん)がときおり樹季に会い、少々
皮肉っぽい話をするが、それがドラマのスパイスになって、見てい
ておもしろい。

 「ゴンゾウ」は今夜が第4話。ゴンゾウこと黒木刑事を内野聖陽
さんが演じている。

 「風林火山」で内野聖陽さんが演じた山本勘助と黒木刑事とは、
全く似ていないようで、どことなく似ている気もする。

 問題といえば、いい加減に見ていると筋がわからなくなってしま
うこと。

 今夜は「ゴンゾウ」をじっくり見られたので、だいぶ筋がわかっ
た。

 「四つの嘘」は、永作博美さん、寺島しのぶさん、高島礼子さん、
羽田美智子さん演じる、4人の女性が競い合う。

 彼女たちは、元はといえば恵成女子大附属高校の同級生。

 それから二十数年後、四つの嘘か、四つの真(まこと)か、虚実
入り混じりドラマが展開する。

 気になるのは、元気な女性陣に比べて、男性陣があまり元気がな
いこと。もっと男たちにがんばってほしい。

 「あんどーなつ」は、昨年放送された「浅草・ふくまる旅館」の
つづきのような感じがする。

 浅草の仲見世周辺のシーンがよく登場し、以前東京に住んでいた
頃、浅草に出かけたのを思い出す。

 それにしても、貫地谷しほりさん演じる安藤奈津が「あんどーな
つ」とはよく言ったものだ。

 「あんどーなつ」からなんとなく「えんどーまめ」を連想してし
まった。

 ほかにも新しいドラマがあるし、サスペンスなどの2時間ドラマ
もいろいろある。

 これからも、都合がつけば、テレビドラマを見ようと思う。

関連リンク

「CHANGE」(フジテレビ)
「Tomorrow」(TBS)
「モンスターペアレント」(関西テレビ)
「ゴンゾウ」(テレビ朝日)
「四つの嘘」(テレビ朝日)
「あんどーなつ」(TBS)
| 芸能 | 23:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - | pookmark |
管理人のほりべえです。
この日記に関し「Newsブログ検索結果BLOG」さんからトラックバックを頂戴しましたが、その記事を拝見したところ、たんに引用されているのみでした。
トラックバックは引用したことを連絡するところではありませんので、勝手ながら当該トラックバックを削除させていただきました。
もし引用したことをご一報いただくのであれば、コメント欄を利用して、その旨ご連絡いただければ幸いです。

なおトラックバックの使用法については、次の説明がわかりやすいです。
・マニュアル「トラックバックとは」(無料ブログ(blog)作成【JUGEM】)
http://jugem.jp/manual/manual.php?mode=tb

以上、よろしくお願いします。
| ほりべえ | 2008/07/24 11:35 PM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/587

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ