ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 詩の世界について | main | 熱田さんのカラスと腰痛 >>
新ドラマのスタート「ごくせん」「猟奇的な彼女」
 けさは6時すぎランニング開始。

 新堀川沿いに北へ行き、高蔵橋で西に曲がり、それから堀川の旗屋
橋までずっと走った。

 日曜の朝のせいか道路はすいていた。

 旗屋橋からさらに西へ行き、国際会議場の西側通りを南下。この
道を走るのは久しぶり。工事中のビルを見かけるほかは、いつもと
あまりちがわない風景だ。

 白鳥庭園のところで東へ折れて、帰途に着いた。

 暖かくなって、少し走りやすくなった。この調子で走り込んで、
長距離走につなげたいと思う。

 ここ一二週間のあいだに、新しいテレビドラマが次々に放映され
ている。

 今回の4月〜6月のドラマはおもしろそうなのが多い。

 昨夜は「ごくせん」の新シリーズが始まったので見た。土曜の夜
は「土曜ワイド劇場」と重なって困るけれど、「ごくせん」を優先。

 「ごくせん」の最初のほうで沖縄の竹富島のシーンがあった。

 ヤンクミ(仲間由紀恵さん)は猿渡教頭(生瀬勝久さん)と竹富
島で再会し、再び高校生を教えることとなる。

 竹富島の水牛車もやってきて、のどかな雰囲気でドラマは始まっ
た。

 ヤンクミは猿渡教頭とともに東京へ戻る。ヤンクミのおじいちゃ
ん(宇津井健さん)の大江戸一家も登場した。

 今回ヤンクミは赤銅学院高校の3年D組担任となる。

 赤銅学院理事長は、「ちりとてちん」でヒロイン喜代美(貫地谷
しほりさん)の祖母を演じた江波杏子さんで貫禄がある。

 3Dは、緒方大和(高木雄也くん)と風間廉(三浦春馬くん)の
グループが対立している。

 第一話は連続強盗事件を通じ、出演者全員の顔見せのような感じ
だった。赤銅学院の先生たちや3D生徒の様子も大体わかった。

 仲間さんもやる気を出してる感じ。これからヤンクミがどうやっ
て3Dをとりしきるかが見もの。

 また来週も見よう。

 ほかにも興味深いドラマはいろいろある。

 今夜の日曜劇場「猟奇的な彼女」はびっくりの連続。

 頼りなく押され気味の三朗(草剛さん)と強そうで押し気味の
凛子(田中麗奈さん)の関係は、はたしてどうなるか。

 ほかにも見たいドラマがある。といっても、あれもこれも見られ
るわけでなく、見るのは限られる。

 あれこれやりくりして適当にドラマを見るとしよう。

 話は変わるが、

 プロ野球は、中日が3−1で横浜を下して2連勝。

 サッカーは、名古屋グランパスが6連勝でJ1首位を堅持。

 この調子で突っ走ってほしいと思う。

 ぼくも頑張らなくてはいけない。

関連リンク

「ごくせん」(日本テレビ)
「猟奇的な彼女」(TBSテレビ)
| 芸能 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/551

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ