ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 日展見学。「なごーやー日記」は雑記帳。 | main | 詩「陽のあたる町」。鶴舞公園の噴水塔。 >>
最後に笑える生活づくり。ドラマ「ヒミツの花園」。
 けさは6時すぎランニング開始。

 豊岡通を瑞穂公園へ向かった。途中でぼくより速いランナーに、
さっと抜かれた。あせっても追いつけないので、こういうときはマ
イペースで行くにかぎる。

 瑞穂公園から、例のごとく山崎川縁道を石川橋へ走り、檀溪通4
を回って、帰途に着いた。

 少しダッシュを試みたが、思い通りに両足が動かない。ときどき
ダッシュできるようにならないと、スピードを上げるのはむずかし
い。もっと走る練習をしないといけない。

 二日ほど悩まされたじんましんは、花粉症とじんましんの両方に
効くという市販の薬(ハイガード)を買って飲んだら、ひとまず治
って落ち着いた。

 おととい近所のジップドラッグへ行ったら、お店の男性(薬剤師
だと思う)が、この薬のことを教えてくれた。どうやら薬が自分の
体質に合っていたようだ。

 こんな感じで、いつもの日常が始まった。

 「最後に笑うものが最もよく笑うものだ」ということわざがある。

 ずいぶん出遅れたが、人生の最後に笑えるように、これから自分
の生活をつくりあげること。

 仕事、結婚、子育てのチャンスが巡ってくるように、少なくとも
あと30年は元気よく暮らしたい。

 そして人並みの人生を送りたい。

 平凡かもしれないが、いまそんなことを思っている。

 今夜はテレビドラマ「ヒミツの花園」を見た。

 ヒロイン夏世を演じる釈由美子さん、片岡家の4人兄弟(堺雅人
さん、池田鉄洋さん、要潤さん、本郷奏多くん)をはじめ、出演者
一人一人がどこか能天気というか天然ボケというか、そんな雰囲気
をただよわせている。

 コメディーみたいだけれど、ときどきシリアスなところもある。

 はじめて見たばかりで、よくわからないところがあるが、なんと
なく今後の展開が気になる。

 次回が楽しみだ。

関連リンク

ドラマ「ヒミツの花園」(関西テレビ)
| 芸能 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
じんましん、治られてよかったですね。
わたしも20代の夏、1ヶ月ほど悩まされました。
本当にめちゃくちゃカユかった(ToT)/~~~
原因はよくわからなかったのですが、疲れもあったようです。

又元気なほりべえさんにお会いしたいです。
| 岡本はな | 2007/01/31 3:13 PM |

岡本さん、こんばんは。
書き込みありがとうございます。
こちらも多少疲れがあったのかもしれません。
体調はひとまず元に戻り、いままでどおり早朝ランニングしています。
日曜日は「ぐるぐる詩の輪」に出られなくてすみません。
次回は出たいと思っています。
よろしくお願いします。
| ほりべえ | 2007/01/31 10:38 PM |










http://morningrun.jugem.cc/trackback/403

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ