ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< ノーベル文学賞発表 | main | 吉増剛造さんの特集番組「詩の傍(そば)で」と原民喜詩集『原爆小景』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
詩「ドア」
 二年半ほど前に書いた詩「東京崩壊」がずっと気になっていた。というのも、まだ字句が練り足りないと思えたからだ。

 その後ぼく自身はあまり代わり映えしないが、社会はずいぶん変化し、日々揺れ動いているようだ。そんなことを思いながら、その詩「東京崩壊」を加筆修正し、題名を変えて、詩「ドア」として作り直してみた。

 世の中を見回すと胡散臭いことが多いが、よりよい澄んだ未来をめざす意欲をもちつづけたいと思う。

   *   *   *

   ドア
             堀場康一


東京は行き場を失い
やがて崩壊する
このままいけば

なのに
だれも食い止めようとしない
だれも本気になろうとしない
それどころか
東京崩壊を待ち望むかのように
ひとりよがりなスタンドプレーに明け暮れ
青空の見えない議場で堂々巡りしている

東京が行き場を失う前に
東京を分散しなくてはいけない
東京がこわれる前に
東京を手術しなくてはいけない

東京に振り回されるのは飽き飽きした
いまこそ参勤交代を逆手に取り
東京に集結するときだ
辺野古から福島から広島から長崎から根室から
気仙沼から新潟から大阪から鳥取から高知から
津々浦々から隊列を組み
整然と街道を上り
怒濤のごとく東京に押し寄せ
人間の鎖で山手線を取り囲むのだ

だれも東京に入れてはならぬ
だれも東京から出してはならぬ
東京の将来を東京に決めさせるため
東京が沸騰し煮詰まるまで
人間の鎖をひとつたりとも緩めるな

澄んだ未来はドアの向こうに広がっていて
どこにいてもドアを開けることができる
東京がこわれる前に
世界がひっくりかえる前に
ドアをいっせいに開け
思い思いの姿で
さっそうと歩き出そう


追記
2015年5月30日 詩「東京崩壊」初稿。
2017年12月1日 加筆修正し、題名を「東京崩壊」から「ドア」に変更。

   *   *   *
| 詩とその周辺 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/1443

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ