ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 二十五歳の哲学ノート | main | 真っ直ぐ歩けているか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
名古屋シティマラソン2012、ハーフマラソン完走
 けさは6時20分頃ランニング開始。少しひんやりしたが、空は晴
れ、気分のいい朝だ。瑞穂公園へ行き、瑞穂陸上競技場横の坂を駆
け上がる。田辺通を北上し、市大薬学部前で左折して帰途に着いた。

 一昨日ハーフマラソンを完走してから二日経ち、両脚の筋肉痛が
和らいできた。全力疾走は無理にしても、ほどほどに走れるように
なった。この調子で早朝ランニングを続けよう。

 さて一昨日(2012年3月11日)は東日本大震災一周年。日本中で、
そして世界各地で追悼の催しがあった。

 名古屋では、名古屋ウィメンズマラソン2012(9:10スタート)と
名古屋シティマラソン2012(10:10スタート)が、ナゴヤドーム発
でいっしょに開催された。

 ぼくのエントリーしたのは、名古屋シティマラソン2012のハーフ。
空は快晴、それにスタッフの人たちのきめ細かなサポートや交通整
理のおかげで、ナゴヤドームから白川公園まで気分よく走り抜ける
ことができた。

 結果は次のとおり。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
開催日:2012/3/11
種目:シティ ハーフマラソン

 地点名 スプリット (ネットタイム) ラップ

   5km 00:29:07 (0:25:00) 0:25:00
  10km 00:53:44 (0:49:37) 0:24:37
  15km 01:21:01 (1:16:54) 0:27:17
  20km 01:49:16 (1:45:09) 0:28:15
フィニッシュ 01:55:48 (1:51:41) 0:06:32
(21.0975km)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事前の到着タイムの申告で1時間50分としておいたので、大体
予想通りの展開だった。自分ではさほど苦しいと思わなかったが、
15km近くから徐々に遅れはじめ、1キロ5分のペースを維持す
ることができなくなった。

 ゴール地点は白川公園。フィニッシュして手続きを済ませ、出発
時に預けた手荷物を受け取り、ランニングウェアから着替えて身な
りをととのえた。

 白川公園北の御園座付近に母と姉が応援に来てくれていたが、昼
過ぎになんとか落ち合うことができた。だいぶ待たせてしまった。

 それから三人で遅い昼食をとり、広小路を散策。

 空模様が午後からあやしくなり少し雨がぱらついたが、大した降
りにならず、よかった。

 名古屋の町を縦横に気分よく駆け巡り、それから母や姉と楽しい
ひとときを過ごすことができ、充実した一日だった。

   *   *   *

 おとといのハーフマラソンを振り返ると、自分ではあまり疲労を
感じなかったが、後半徐々にペースが落ちている。自分の思うよう
に足が動かなかった。

 毎朝ランニングしているとはいえ、30〜45分程度のランニン
グでは練習量が足りないということだろう。

 早朝ランニングを継続しながら、もっと長距離・長時間走る練習
を取り入れないと、ハーフはどうにかクリアできるにしても、フル
マラソンは思い通りに走れないだろう。

 今回のハーフマラソンは、自分のランニング練習法を見直すきっ
かけとなった。


関連リンク

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知 2012
名古屋シティマラソン2012
| ランニング・スポーツ | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:21 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/1426

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ