ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 「ラブソングは止まらない」と「愛が哀しいから」 | main | 再び菅直人首相へ、「首相退陣にTPOはない」。(付録 東日本大震災後に政府・与党が設置した組織一覧) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
首相退陣にTPOはない。節電から程遠い夏の70日延長国会。
 日本の政治を液状化させた菅直人首相と、民主党の隷属議員たち
が、節電から程遠い70日延長国会を決議した。

 70日も延長せずとも、ほかに大震災後の復興・復旧を推進する
方法はいくらでもあるのに、緊急案件の節電を無視した能天気な結
末となった。

 菅直人首相は「大震災だから……」と言って、今日もあいかわら
ず首相の座に居すわっている。

 「大震災だから……」と修飾語を使い、「大震災だから……」と
注釈をつけ、「大震災だから……」を繰り返せば、だれも反論でき
ないと思い込んでいるのだろう。

 しかし現実は甘くない。

 人々は、菅直人首相の一挙手一投足を日々つぶさに見聞し、吟味
し、批評し、批判している。

 菅直人首相は「大震災だから……」と言いつつ、復興にまつわる
仕事をほとんどしていない。

 二十数個も新たに委員会を作ったなんて、びっくりを通り越して、
あきれかえってしまった。

 どれもこれも、一時の思いつき、気まぐれ、しかも投げやりだ。

 あの平成23年3月11日から108日すぎたというのに、いま
も日本の政治を液状化させたまま、のんきに総理の椅子に構えてい
る。

 こういう愚鈍な神経は、われわれ凡人ですら理解に苦しむ。

 あまりにレベルが低いので、筋道を立てて議論しようにも、手が
かりがない。

 菅直人首相の言うことは、日替わりどころか、朝→昼→晩と時々
刻々と変化する。

 今月6月2日菅内閣不信任決議案の採決があったが、そのときも
鳩山由紀夫氏が菅直人氏にうまく言い逃れられ、やり込められたよ
うだ。

 実際、菅直人氏は自分自身に明確な目標がないので、どこへどう
ころぶか、その場にならないとわからない。

 自己保身のみの、典型的な自己中心主義者だ。

 他人(他者)への思いやりなど、ひとかけらもない。

 というより、そもそも「思いやり」という言葉を知らないのでは
ないか。

 もともと、仁・義・礼・智・信、どれも中途半端な菅直人首相の
こと。

 あるのは自己保身のみ。

 「菅直人を信じるものは菅直人に欺かれる」
 ということは自明なのに、民主党の隷属議員は菅直人首相の言い
なりになって、議員の座にへばりついている。

 いま議員をやめたら二度と議員になれない、と思っているのだろ
うか。

 いうまでもないが、菅直人首相は、首相を辞めたら、ジェットコ
ースターで海底へ急降下のスリルを味わうことになろう。

 情けなく、恥ずかしく、見ちゃいられない。

 「首相退陣にTPOはない。」

 東日本大震災をこれ以上、「言い訳」や「口実」や「言い逃れ」
に使わないでほしい。

 「首相退陣にTPOはない。」

 いまからでも遅くはない。

 菅直人首相はただちに退陣し、総理官邸から退去してほしい。

 切に願っている。


関連リンク

再び菅直人首相へ、「首相退陣にTPOはない」。(付録 東日本大震災後に政府・与党が設置した組織一覧)(2011年6月28日付日記)
| 日常雑記 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:21 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/1418

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ