ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< 初心にかえったのかもしれない。 | main | 心にエンジンをかける。「大きな玉ネギの下で」 >>
運動と健康・体調管理。UPJ3公式の朗読イベント参加。
朝の天気 曇り
連続ランニング447日目 出合橋─恵方町コース 50分走
今日の一句: 気だるさと雨がミックス梅雨の午後 <堀兵衛>
BGM: 平原綾香「明日」

 けさは5時半ごろ目覚めた。徐々に体をうごかして、6時すぎに
ランニング開始。

 瑞穂公園から山崎川を北へ走る。日曜の朝のせいか、散歩してい
る人も多かった。早朝ランナーも数人出会った。

 檀溪通の出合橋まで行き、西へ曲がって、引き返した。

 ランニングの調子はわるくないが、足腰がひどくだるい。かった
るい。

 スポーツ選手の専属トレーナーの話をときどき聞くことがあるが、
なぜ専属トレーナーがいるか、わかるような気がする。

 スポーツ選手は、毎日の運動量(練習・試合を含む)が多いから、
当然、日常的な健康管理・体調管理が必要になる。健康・体調を一
日一日チェックし、その日のうちに必要な処置を行い、翌日に延ば
すことはできない。

 スポーツ選手とくらべると、ぼくの運動量は桁違いに少ない。

 そうはいっても、毎朝のランニングを長期間続けていると、かな
りの運動量になる。

 ランニング前後の、準備運動(ウォーミングアップ)と整理運動
(クーリングダウン)を、きちんとやった方がいいかもしれない。

 基本的なことをきちんとこなして、ランニングのペースを少しで
も上げる工夫をしなくてはいけない。

 からだが故障しないよう、体調に気をつけて、早朝ランニングを
続けることだと思う。

 いずれにしても、

 自分の望んでいる方向がだいぶ見えてきた。
 方向が決まったら前へすすむ。
 このさき生き抜くための生計の手段を早く見出すこと。

 そんな感じになると思う。

 ♯  ♪  ♭

 お昼の「NHKのど自慢」は新潟の湯沢町からの生放送だった。

 今日のチャンピオンは、平原綾香さんのバラード「明日」を歌っ
た女子高生。

 彼女は歌い方の基礎はできているようなので、あとは声を、もう
少し前に放り出す練習をするといいかもしれないと思った。そうす
ればもっとうまくなりそうな気がする。

 詩の朗読会に参加して、人前で朗読したり歌わせてもらうように
なって、「NHKのど自慢」の楽しみ方が少し変わってきた。

 のど自慢には、ぼくより歌の上手な人がたくさん出演するので、
参考になることが多い。

 のど自慢であれ、詩の朗読であれ、心をこめて聴衆に何かを伝え
ようという意志が、いい歌、いい詩に結びつくような気がする。

 *   *   *

 なお昨夜、鶴舞のK・D Japon で開催された、UPJ3 公式名古屋イ
ベント「-ROAD TO UPJ3- ぷれあい」に参加した。

  注)UPJ: ウエノ・ポエトリカン・ジャム

 公式の朗読イベントに参加したのは初めてで、緊張した。

 「ぷれあいスラム」ということで、11名が朗読に参加。

 ぼくは4人目に朗読させてもらった(「ボクサー」「風が吹いた
よ」「テークオフ(離陸)」の3篇を朗読)。

 観客投票・主催者審議によりUPJ3出演者が選ばれた。

 選ばれた二人(若原光彦さんと加久裕子さん)の朗読は、聞いて
いてとくに惹きつけられるものがあった。納得のいく結果だった。

 馬野幹さん(UPJ3実行委員会代表)と桑原滝弥さん(ぷれあい実
行委員長)二人のトークと迫力ある朗読ライブもあり、楽しかった。

 たくさんの朗読を聴いて、詩の朗読の参考になることが多かった。

 ぼくはまだ力不足。もっと練習して、朗読の経験を積まなくては
と思った。

関連リンク

UPJ3: ウエノ・ポエトリカン・ジャム3
K・D Japon (ケーディーハポン)
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/1327

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ