ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< むずかしい小学生の理科問題 晴朝東走 | main | 笑顔と「ぽえ茶」と忘年会 曇朝西走 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日記のカテゴリ変更作業 晴朝南走
朝の天気: 晴れ 連続ランニング248日目
今日の一句: 冬天を川面に映し夜が明ける <堀兵衛>
BGM: 浜田省吾「悲しみは雪のように」
ランニングコース: 旗屋町─白鳥橋─七里の渡し─内田橋─
浮島橋─堀田経由(35分走)

 けさは6時過ぎにランニング出発。

 きょうは七里の渡し方面へ行きました。

 途中、熱田跨線橋で、東南の水平線がわずかに赤らんでいるのを
目撃。しばし見とれました。

 七里の渡しに着き、薄明かりの川べりで一呼吸。

 帰り道、歩道橋を2回ほど上がり降り、なかなか歩幅が合わず、
面倒になりました。マラソンのときに歩道橋を通らないわけが何と
なくわかります。

 ところで、楽天日記にカテゴリが出来たので、これまでの日記を
分類しています。

 9個のカテゴリを作ったものの、個々の日記を分類するのは結構
大変な作業。もう少し時間がかかりそうです。

 とりあえず、現在のカテゴリ分類は、

・ランニング
・健康管理・健康法
・仕事・職業
・英語、外国との関わり
・パソコン・WWW
・スポーツ・車・旅
・いのちと愛と人間関係
・詩と芸能
・日常雑記

 となりました。

 ぼくの関心をカテゴリと結びつけて整理し、自分自身を棚卸しし
ながら、何らかの仕事に結び付けたいと思っています。

 ♯  ♪  ♭

 久しぶりにラジオから、浜田省吾さんの「悲しみは雪のように」
が流れてきました。

 この曲は、テレビドラマ「愛という名のもとに」(フジテレビ系、
1992年)の主題歌でした。

 ドラマの方は、きちんと見ていないのですが、この曲「悲しみは
雪のように」はいまも時折心に浮かんできます。

   誰もが泣いてる
   涙を人には見せずに
   ……………………

 このフレーズを、

「だーれーもーがーーーー ウォーオオーオーオ ないてる……」

 こんな感じで、浜田省吾さんが歌っていました。

 センチメンタルなところもありますが、これもまた人生、胸にし
みわたります。

関連リンク

浜田省吾さんオフィシャルウェブサイト
| パソコン・インターネット | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/1164

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ