ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
<< なごり雪 晴朝東走 | main | ホームページのデザイン変更 晴朝東走 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
楽天日記「モーニングタウン」一周年異状なし 晴朝西走
朝の天気: 晴れ 連続ランニング232日目
今日の一句: ストーブでうつろなこころ暖まる <堀兵衛>
BGM: ピーター、ポール&マリー「500マイルも離れて」
ランニングコース: 立石橋(新堀川)─沢上─新尾頭─住吉橋
(堀川)─旗屋町─熱田神宮─神宮前経由(40分走)

 けさは6時過ぎにランニング開始。新規コースを開拓しました。

 沢上から西の新尾頭・住吉橋方面は、車ではときどき通るのです
が、ランニングははじめて。走ってみるといろいろ発見があります。

 住吉神社、住吉橋のたもとの材木問屋、冷蔵倉庫の列など眺めつ
つ、走りました。

 国際会議場の南側の公園では、ちょうど朝のラジオ体操が始まっ
たばかり。かなりの人が集まっていました。

 御陵橋で堀川を東にわたり、熱田さんに参拝して、帰途につきま
した。

 ところで、名古屋シティマラソンで10キロ走ってから、走る方
は少し自信がついたものの、日記を書くのがとどこおりがちです。

 楽天日記「モーニングタウン」一周年を機に、気分を新たに日記
をつけようと思います。

 といっても、とくに何かが始まるわけではありませんが、

 心に花束を抱いて (詩「ぼくは黒子」より)

 暮らしていこうと思っています。

 というのも、心に花束を抱いていれば、気持ちに支えやゆとりが
出来、世間を乗り切れる感じがするからです。

 やや抽象的ですが、ぼく自身の気持ちがこの程度ということのあ
らわれ。

 ペースを維持しながら、前へすすみたいと思っています。

 映画「西部戦線異状なし」(All Quiet on the Western Front)
にならって、

 楽天日記「モーニングタウン」一周年異状なし
 All's well on the first anniversary of Rakuten Plaza's Morningtown.

 というところです。

 ♯  ♪  ♭

 たまたま金山のあたりを歩いていたら、ピーター・ポール&マリ
ーの「500マイルも離れて」(500 Miles) が、降って湧いてきま
した。

 ピーター・ポール&マリー、略してPPMは、ぼくが学生の頃にず
いぶんはやりました。

 日本のフォークの草分けといわれる人たちも、PPMの歌をずいぶ
ん歌っていたような気がします。

 なぜ、PPMの歌が頭に浮かんだのかよくわかりませんが、

 ぼくのなかで、自分の二十歳前後のことを思い出したがっている
のかもしれません。
 
 二十歳の頃のあどけない夢見る感覚を、もう一度思い起こして、
これからの人生を送りたいと思っています。

関連リンク

ピーター・ポール&マリー ウェブサイト
詩「ぼくは黒子」
| パソコン・インターネット | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | pookmark |









http://morningrun.jugem.cc/trackback/1148

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ