ランニングスタートで日々前進

日課の早朝ランニング、運動と健康管理、詩や芸能、
日々気のついた出来事を記しています。
年齢を超えて、体力がものをいうようだ。
朝の天気 雨
連続ランニング513日目 熱田神宮─堀田駅コース 34分走
今日の一句: 野分あと夢追ひかけて駆ける吾
BGM: 今井美樹「愛の詩」

 けさは台風14号の影響で、朝、風雨がつよかった。

 それで早朝ランニングは見送り。

 代わりに、夕方ランニングした。

 名古屋は台風が去ったあとで、夕焼けがきれいだった。

 朝起きて走るときとちがって、体はだいぶやわらかくなっている。

 ペースもかなり速かったが、早朝ランニングのような新鮮さ、す
がすがしさはない。それが残念!

 ところで、昨夜、駅の階段を上がり降りしながら、

 やはり体力がものをいうのかもしれない

 と思った。

 ぼくは、駅の階段の上りはなるべく2段ずつ、調子がいいときは
3段ずつ、上がるようにしている。

 階段の下りは、上りより危ないので、ふつうは1段ずつ、回りに
人がいないときは2段ずつ(たまに3段ずつ)降りるようにしてい
る。

 きのうは調子がよかったので、神宮前駅の階段を3段ずつ、一気
に駆け上がることができた。

 この年齢(GO GO! 55)になって、いったい何を言っているのか、

という感じだが、

 ぼくの場合、仕事・たくわえ等、ほぼゼロベース、50+の第二
の人生、というような悠長なことは言っていられない。

 これから20代・30代・40代の人たちと向き合い、競い合っ
て、生きていくしかない。

 となると、年齢はごまかせないし、知力は限界があるので、

 結局、体力がいちばんものをいうような気がする。

 「昔操った杵柄」ではないが、十代の頃のクラブ活動のことを思
い起こしている。

 ぼくは高校のとき体操部、大学一年のときヨット部にいた。でき
はあまりよくなかったが、日々のトレーニングや合宿はぼくなりに
精一杯やったつもりだ。

 十代のときに体験したことは、知らず知らず、からだにしみつい
ている。そのときのクラブ活動の体験がこれから役立ちそうな気が
する。

 ぼくが体力維持の必要性を痛感したのは50過ぎになってからだ
から、部活でトレーニングや合宿に打ち込んでいたときから、すで
に30年が経過している。

 30年のブランクを簡単に取り戻すことはできないが、徐々に、
トレーニング・マインドを培うことはできるのではないかと思う。

 20代・30代・40代の人たちと競い合うというと、何ができ
るかな?

 と考えてみた。

 たとえば、

 「毎朝6時からの10km走を5日間連続でおこない、
  5日間のランニングの合計タイムで優劣を比較する。」

 というのはどうだろうか。

 毎朝10kmというのはかなりきついけれど、大体いつも7km
前後は走っているので、5日間くらいなら10km走はなんとかな
るのではないか、

 とぼくは高を括っている。

 年齢を無視することはできないが、

 年齢とは関係ない、年齢を超えた生き方を追求することはできる。

 そして、そのためには体力維持・健康管理が基本となる。

 もう少し早く気がつけば、楽だったかもしれない。

 しかし、いまからでも遅くはない。

 プロスキーヤー 三浦雄一郎さんや、そのお父上の三浦敬三さん
には遠く及ばないが、ぼくなりにできることはあると思う。

 早朝ランニングを手がかりに、トレーニングをもっと計画的にし
て、体力維持・健康管理していこうと思う。

 ♯  ♪  ♭

 今井美樹さんの歌うバラード「愛の詩」はドラマ「女系家族」
(TBS系)の主題歌。

 今井美樹さんが想いを込めて、切々と歌っている。

 ドラマ「女系家族」はどろどろした内容だけれど、考えてみると
筋はわかりやすい。

 ぼくもときどきチャンネルを合わせて見ているが、まもなく終わ
り。どんな結末を迎えるか、少々気がかりだ。

関連リンク

健康管理・体力維持と目的をもつこと(2003/12/31付日記)
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
運動と健康・体調管理。UPJ3公式の朗読イベント参加。
朝の天気 曇り
連続ランニング447日目 出合橋─恵方町コース 50分走
今日の一句: 気だるさと雨がミックス梅雨の午後 <堀兵衛>
BGM: 平原綾香「明日」

 けさは5時半ごろ目覚めた。徐々に体をうごかして、6時すぎに
ランニング開始。

 瑞穂公園から山崎川を北へ走る。日曜の朝のせいか、散歩してい
る人も多かった。早朝ランナーも数人出会った。

 檀溪通の出合橋まで行き、西へ曲がって、引き返した。

 ランニングの調子はわるくないが、足腰がひどくだるい。かった
るい。

 スポーツ選手の専属トレーナーの話をときどき聞くことがあるが、
なぜ専属トレーナーがいるか、わかるような気がする。

 スポーツ選手は、毎日の運動量(練習・試合を含む)が多いから、
当然、日常的な健康管理・体調管理が必要になる。健康・体調を一
日一日チェックし、その日のうちに必要な処置を行い、翌日に延ば
すことはできない。

 スポーツ選手とくらべると、ぼくの運動量は桁違いに少ない。

 そうはいっても、毎朝のランニングを長期間続けていると、かな
りの運動量になる。

 ランニング前後の、準備運動(ウォーミングアップ)と整理運動
(クーリングダウン)を、きちんとやった方がいいかもしれない。

 基本的なことをきちんとこなして、ランニングのペースを少しで
も上げる工夫をしなくてはいけない。

 からだが故障しないよう、体調に気をつけて、早朝ランニングを
続けることだと思う。

 いずれにしても、

 自分の望んでいる方向がだいぶ見えてきた。
 方向が決まったら前へすすむ。
 このさき生き抜くための生計の手段を早く見出すこと。

 そんな感じになると思う。

 ♯  ♪  ♭

 お昼の「NHKのど自慢」は新潟の湯沢町からの生放送だった。

 今日のチャンピオンは、平原綾香さんのバラード「明日」を歌っ
た女子高生。

 彼女は歌い方の基礎はできているようなので、あとは声を、もう
少し前に放り出す練習をするといいかもしれないと思った。そうす
ればもっとうまくなりそうな気がする。

 詩の朗読会に参加して、人前で朗読したり歌わせてもらうように
なって、「NHKのど自慢」の楽しみ方が少し変わってきた。

 のど自慢には、ぼくより歌の上手な人がたくさん出演するので、
参考になることが多い。

 のど自慢であれ、詩の朗読であれ、心をこめて聴衆に何かを伝え
ようという意志が、いい歌、いい詩に結びつくような気がする。

 *   *   *

 なお昨夜、鶴舞のK・D Japon で開催された、UPJ3 公式名古屋イ
ベント「-ROAD TO UPJ3- ぷれあい」に参加した。

  注)UPJ: ウエノ・ポエトリカン・ジャム

 公式の朗読イベントに参加したのは初めてで、緊張した。

 「ぷれあいスラム」ということで、11名が朗読に参加。

 ぼくは4人目に朗読させてもらった(「ボクサー」「風が吹いた
よ」「テークオフ(離陸)」の3篇を朗読)。

 観客投票・主催者審議によりUPJ3出演者が選ばれた。

 選ばれた二人(若原光彦さんと加久裕子さん)の朗読は、聞いて
いてとくに惹きつけられるものがあった。納得のいく結果だった。

 馬野幹さん(UPJ3実行委員会代表)と桑原滝弥さん(ぷれあい実
行委員長)二人のトークと迫力ある朗読ライブもあり、楽しかった。

 たくさんの朗読を聴いて、詩の朗読の参考になることが多かった。

 ぼくはまだ力不足。もっと練習して、朗読の経験を積まなくては
と思った。

関連リンク

UPJ3: ウエノ・ポエトリカン・ジャム3
K・D Japon (ケーディーハポン)
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一年前より心身の調子が上向いた。
朝の天気 曇り
連続ランニング442日目 鶴舞公園─記念橋コース 52分走
今日の一句: 旱梅雨心のうるほひ失はず <堀兵衛>
BGM: 華原朋美「あなたがいれば」

 梅雨だというのに、名古屋は雨がほとんど降らない。給水制限も
始まったようだ。これ以上水不足にならないといいのだけれど。

 ゆうべは熱帯夜で寝苦しかったが、目覚めは案外早かった。

 けさは6時少し前にランニング開始。気持ちに余裕があったので、
鶴舞公園へ行った。

 公園内に入ると時間がかかるので、外周を回って鶴舞駅へ。さら
に松ヶ枝を経て、新堀川の記念橋に到着。

 記念橋付近の景色をざっと眺め、川沿いに南へ下り帰途に着いた。

 ところで、一年前と比べてみて、仕事の方はひきつづき低空飛行
だが、心身の調子が上向いてきたように思う。

 心身の調子が上向いたことで、準備は整ってきたというところか
もしれない。

 自分の日記を読み返しても、一年前とは自分の興味・関心がずい
ぶん変わった。

 ぼく自身はいまの方が気分が楽なので、このまま進むつもり。

 あしたはあしたの風が吹く、とばかり言ってはいられない。

 自分で心にエンジンをかけ、新しい生活・新しい人生を引き寄せ
る工夫をしなくてはいけない。

 ♯  ♪  ♭

 二三日前に華原朋美さんの歌「あなたがいれば」をラジオで聞い
た。気持ちのいい歌声だった。

 この「あなたがいれば」は、テレビドラマ「東京湾景」の韓国語
の主題歌 Weather Forecast「君さえいれば」を、日本語詞でカバ
ーしたもの。

 「東京湾景」についての書き込みがいくつかあったので、この歌
がなつかしい。
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
年齢の壁、気になるけど気にしないで行こう。
朝の天気 曇り
連続ランニング440日目 瑞穂公園─檀溪通4コース 44分走
BGM:  堀内孝雄「君のひとみは10000ボルト」

 けさは6時過ぎランニング開始。

 日曜の朝だけれど、6時ごろだとそういう感じがあまりしない。

 瑞穂公園から、山崎川沿いに走った。

 遊歩道の人通りはそれほど多くない気がした。

 檀溪通まで出て、引き返す。

 帰りはペースも少し上がった。

 ここ数日、気温がぐっと上がり、体もだるくなってきた。

 梅雨というより、本格的な夏まぢかというところ。

 ここで気を緩めると体調をくずしかねないので、要注意。

 グロッキーにならないように、リラックスしていこう。

 ここしばらく(というか、いつもかもしれないが)年齢のことが
頭から離れない。

 年齢の壁をどうやって乗り越えるか。ぼくにとっては大問題。

 人間には誕生日がついてまわる。

 商売の方も、年齢や年代にターゲットを絞った商品・サービスが
目白押しだ。

 50過ぎの人を対象に、「50+」「セカンドライフ」「第二の
人生」を謳い文句にしたサービスが続々登場している。

 「ファーストライフ」「第一の人生」を何とかまっとうしたいと
思っているぼくからみると、付き合いきれないというか、夢のよう
な話が多い。

 しかし、そこでへそを曲げても仕方がない。

 気にしないことがいちばんだ。

 実際、50過ぎて出会ったり、わかったことも沢山ある。

 後悔しないこと。新しい人生、新しい出会いを受け入れて、マイ
ペースで生きていくだけだ。

 いまが青春というか、青春のつづきだと思えば、それでOK。

 きょうの午後は、詩の朗読会「続・ぽえ茶」があるので、これか
ら仕度して、出かけようと思う。ひとまず日記は終わり。

 ♯  ♪  ♭

 「君のひとみは10000ボルト」は、堀内孝雄さんの1978年の
ヒット曲。

 リズムをとりながらカラオケで歌うと気分がいい。

 最近は堀内孝雄さんは、演歌のヒット曲をいくつも出しているが、
「君のひとみは10000ボルト」のような曲も、やはりいいなあ
と思う。
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牛乳やヨーグルトがあるとほっとする。
朝の天気 晴れ
連続ランニング407日目 白鳥橋─七里の渡しコース 35分走
今日の一句: トリトンに夢を重ねて麦の秋
BGM: 中村雅俊「ふれあい」

 けさは6時すぎランニング開始。空はいちおう晴れていた。

 白鳥橋を経て、七里の渡しへ行った。堀川に少し突き出た船着場
のかなたに、名港トリトンの白い橋が見えた。

 名古屋港に架かる名港トリトンが七里の渡しから見えるとは、い
ままで気がつかなかった。

 なんとなく、気分をよくして、帰途に着いた。

 さて、2年近く前ある人から、牛乳は体によくないという話を聞
いたことがある。

 日本人はヨーロッパ人(ヨーロッパは乳製品の本場)と比較して、
牛乳を飲んだときに、体質的に消化があまりよくない。だから牛乳
は体によくない、あまり飲まないほうがよい、というような話だっ
た。

 その話はそれっきり忘れていたが、最近になって、それはちょっ
と違うんじゃないかと思っている。

 ぼくは、以前は、牛乳を飲むとおなかがごろごろする感じが時々
した。牛乳は体によくない、という話を聞いたときも、そんな感じ
だった。

 しかし、あれから2年経ち、ぼくの体質も少し変わったようだ。

 いまでは牛乳やヨーグルト(プレーンヨーグルト)が好きという
か、ないと困る。調子が出ない。

 2年前と事情がちがってきた。

 その理由を考えてみた。

 この2年間早朝ランニングを続けてきて、体質が徐々に変化し、
牛乳やヨーグルトを欲する体になってきたのかもしれない。

 いまぼくは、姉から分けてもらったヨーグルトの種で、自家製の
ヨーグルトを毎日作って(牛乳を混ぜてつくる)、食べている。

 以前は、カスピ海ヨーグルトをつくっていたが、カスピ海ヨーグ
ルトの種が夏の猛暑で働かなくなってしまった。それで、いまは別
のヨーグルトの種を使用している。

 ほかに市販のプレーンヨーグルトもときどき買って、一緒に食べ
ている。

 「牛乳やヨーグルトを欲する体」と「牛乳やヨーグルトを欲しな
い体」とどちらがいいか、はっきりしたことはわからない。

 いま言えるのは、ぼくとしては牛乳やヨーグルトがあるとほっと
する、ということである。

 いずれにせよ、2年前より現在の方が体調がよさそうなので、今
後も牛乳やヨーグルトを摂取していくつもりだ。

 ただし、無茶食い・無茶飲みしないように、気をつけなくちゃい
けない。

 ♯  ♪  ♭

 CBCラジオの「歌のない歌謡曲」で、「ふれあい」の旋律が流
れてきた。

 「ふれあい」は、中村雅俊さんのデビューシングル(1974年)。
テレビドラマ「われら青春!」挿入歌とのこと。

 中村雅俊さんは、ぼくとほぼ同世代(ぼくの方が一つ年上)。

 ドラマにたくさん出演しているが、格好いい。

 ドラマ「われら青春!」は見た記憶がある。ドラマの中で「ふれ
あい」が歌われていたかどうか定かでないが、「ふれあい」はいつ
聞いても、いい歌だと思う。

 きのうの日記で、日本初の女優 川上貞奴に触れた。

 NHK大河ドラマ「春の波濤」(1985)で、松坂慶子さんが
川上貞奴を演じ、オッペケペー節で名高い、夫の川上音二郎を中村
雅俊さんが演じていた。

 「春の波濤」の時代は激動の時代で、波乱に満ちたドラマだった
けれど、貞奴と音二郎の二人のかけあいが漫才のようで、けっこう
楽しめた。

関連リンク

中村雅俊マイホームページ
川上音二郎一座 「オッペケペー」
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
摂食障害(拒食症と過食症)のこと
朝の天気 晴れ
連続ランニング403日目 沢上─住吉橋コース 45分走
BGM: カーペンターズ「シング」

 けさは6時すぎランニング開始。八熊通を立石橋から沢上、住吉
橋へと走った。

 住吉橋の西側道路はさえぎるものがなく、日差しが強い。それで
東側を、堀川沿いに南下。塀やビルや家が、結構日差しを遮ってく
れるので、ありがたい。

 明け方といえども、これからますます日差しが強くなる。日陰の
あるところを選んで、走ることになりそうだ。

 堀川をずっとくだり、御陵橋の南で川に別れを告げ、旗屋町経由
で引き返した。

 だいぶ前にテレビで摂食障害のことをやっていたが、身辺整理を
していて、たまたま摂食障害のメモを見つけた。

 摂食障害(eating disorder)には、
 拒食症(anorexia)と過食症(bulimia)がある。

 拒食症と過食症は全く別のものではなく、似たような精神状態に
もとづいているらしい。

 すなわち、強迫神経症、完璧主義、四六時中食べ物のことばかり
考えている、等々。

 場合によっては、拒食症と過食症を行ったり来たりすることもあ
りうるとのこと。

 摂食障害の治療は専門家に委ねますが、治療には心理療法と薬物
療法があり、心理療法が中心になるようです。

 ぼくは毎日三度の食事をしないと気分がよくないし。摂食障害と
はいまのところ関係がない。

・食事は、一日に三度の食事をとることを基本にすえる。

 というのは、よくいわれることである。

 ぼく自身は栄養補助食品にあまり興味がないが、
 栄養補助食品を製造・販売している業者の健康セミナーで、

・栄養補助食品は補助的利用にとどめる。
・栄養補助食品は医師の指導にもとづいて摂取するのが望ましい。

 というような話を、6年くらい前に聞いたことがある。

 当時は大して気にとめなかったが、いま振り返ると、たしかにそ
の通りかもしれない。

 この楽天広場のある楽天市場でも、栄養補助食品の販売は非常に
さかんである。

 栄養補助食品への依存度が高いと、三度の食事をきちんと摂る習
慣がなくなるのではないか、いつも気にかかる。

 ぼくとしては、

 栄養補助食品の多用や、三度の食事をきちんととる習慣がないこ
とが、摂食障害に結びつかないように、

 祈るばかりだ。

 ♯  ♪  ♭

 以前に日記で触れたことがあるが、カーペンターズのカレンさん
が拒食症だった。

 それはそれとして、カーペンターズのさわやかな歌声は、いつま
でも心に響く。

関連リンク

日本精神衛生会 心の健康シリーズ No.10「摂食障害」
2005/01/30 日記
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
胃がん検診、床屋のこと
朝の天気 晴れ(夕食後ランニング)
連続ランニング393日目 熱田神宮─新開橋 35分走
今日の一句: 新緑に埋もれる心風を待つ <堀兵衛>
BGM: 松山千春「君を忘れない」

 胃がん検診があるのできょうは朝食抜き。水分がとれないので、
早朝ランニングは休んだ。

 朝走らないと何となく調子が出ないが、脚はかなりリラックスで
きた。そのせいか、夕食後ランニングしたときには、少しペースが
上がった。

 午前中に保健所で胃がん検診を受けた。いつものように発泡剤と
造影剤のバリウム(硫酸バリウム)を飲み、レントゲン検査をして
もらった。

 ぼくの前に、造影剤のバリウムが気管支に少し入ったらしい男性
がいて、担当の女性からいろいろ説明と注意を受けていた。

 これまで何回も胃がん検診を受けたが、バリウムが気管支に入っ
たという話を聞いたのは初めてだったので、びっくりした。

 他人事ではないので、バリウムを飲むときに注意しなくてはいけ
ないと思ったものだ。

 話が前後するが、きのう行きつけの床屋へ出かけた。顔を剃って
もらった女性にやせた?というようなことを言われ、あらためて鏡
を見たら、頬が少し細くなったみたいだった。

 食事はいつもどおり摂っているので、ランニングを続けているせ
いかもしれない。

 あまりやせると力が入らないので、ほどほどに体重を維持しなく
てはいけない。先月身体検査で計ったときは52kgだった。50kg
を切らないようにしよう。

 健康のことはいつもそれなりに注意しようと思う。

 まだ先は長い。死ぬまでなんとか元気よく生きていたいものだ。

 ♯  ♪  ♭

 松山千春さんの歌はしみじみ聞かせる歌が多い。

 「君を忘れない」もその一つ。

 人を愛することを正面から歌っている。

 こういう歌もなかなかいいと思った。
| 健康管理・体力維持 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

+ 東日本大震災で被災された皆様に普通の生活が戻りますように、一日も早い復興・復旧を心からお祈りいたします
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ PROFILE
+ ホームページ
+ INTERNET Watch
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ RECOMMEND
建築を語る
建築を語る (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄
 建築家 安藤忠雄さんによる大学院での連続講義録。建築を通して、「真剣に生きること」を問いかける書物です。
・関連リンク 建築を生きる
+ RECOMMEND
さよならエルマおばあさん
さよならエルマおばあさん (JUGEMレビュー »)
大塚 敦子
 エルマおばあさんの最期の一年を愛猫を案内役に綴った、フォトジャーナリスト大塚敦子さんによる写真絵本です。
・関連リンク 「さよなら エルマおばあさん」
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

 金子みすゞと同郷の著者による金子みすゞの伝記。あたかも金子みすゞ自身が語りかけるような描写にどきりとさせられます。
・関連リンク
 金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」
 金子みすゞの虚無は絶望ではない。金子みすゞを擁護する。
+ RECOMMEND
発光
発光 (JUGEMレビュー »)
吉原 幸子
 愛と生(いのち)を詩に表現しつづけた吉原幸子さんの最後の詩集です。
・関連リンク 吉原幸子詩集『発光』のこと
+ ARCHIVES
+ ご訪問ありがとう!

since 2007.1.17
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
このページの先頭へ